FC2ブログ

おとなタイムス

政治経済・国際情勢から芸能・下ネタ関連の情報を一挙掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「選挙って以外にねェ・・。」





いゃー。危なかったぁ。
今日は選挙の投票日だったのね。
すっかり失念していました。
なにしろつい先頃まで、所謂「選挙事務」に携わる仕事をしていた僕ら、投票日は投票開始時間前から投票締め切り時間まで、別の投票区で仕事に従事いなければいけなかったのです。
ですから選挙投票は必ず「不在者投票」になっていました。
要するに、選挙権を持ってから今日まで、地域の投票所で選挙の投票をした事が無かったので、すっかり「不在者投票」したつもりで居た僕らだったのでした。


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ





「選挙って以外にねェ・・。」


それにしても今回の統一地方選挙、様々な地域で様々な人間模様と悲喜こもごもを見せてくれました。
高知県のある町では核廃棄物をめぐって町を真っ二つにしての選挙があったり、財政再建団体になってしまったあのメロンが有名な市の首長選挙に訳のわかんない人達がたくさん候補者として名乗りをあげたり、覆面着けたまま県知事に立候補したプロレスラーがいたり、とっくに忘れ去られていた筈の元祖オタクが区議会議員に立候補してみたり・・・。そして、決してあってはならない事、現職候補が選挙中に射殺されていまった事件。
開票が終わって見れば笑える物あり、嘆きもあり、絶望もあり、怒りもありで、近年にない興味深い選挙でした。
先にも紹介させて戴いた様に、つい先頃まで「選挙事務」に携わる仕事をしていた僕らですが、この度初めて選挙というものを一選挙民としてその実態を粒差に傍観する事ができました。
一方で、今のこの僕らの国の選挙制度が抱える問題点も逆の意味で客観的に分析することができました。
僕らの国の選挙制度が抱える問題点、今回は投開票に伴う選挙事務の問題点を事情を知りうる元事業者として一部を簡単に紹介したいと思います。
各地域の投票所で投票された票が開票所に集合して開票され、候補者の当落を速やかに確定させるのが当日の「選挙事務」の仕事です。
当然その選挙、総投票数と開票総数が一致しなければいけないのですが、ところがドッコイ、そうは問屋が卸さないのが選挙なんです。
小さい自治体、そう首長にしろ議員にしろ100票位で当落が確定してしまう自治体の選挙は別にして、総投票数が一万票を越える選挙の総投票数と開票総数が一致する選挙なんてあり得ないのです。
でも何故かドンピシャリご名算、一票のくるいなく選挙とその開票は無事終了するのです。
何故、総投票数と開票総数が一致しない事があるのでしょう。その答えは簡単です。
まずその一例。
それは、どの選挙投票でも必ず居ます。「投票用紙」を持って帰る有権者。
2つ目、投票所に全ての予定投票者が訪れるはずも無く、当然各投票所では残票が発生します。その残票の計算と予備の投票用紙の適正処理を怠るケースが必ずと言って良い程に発生します。
3つ目、開票業務は自治体職員によって行われる訳ですが、それでも必ず一票をポケットにいれ持ち帰る悪戯をするの不届き者が居るのです。
4つ目、機械による計数をしてその計数機にエラーが発生し、機械内部に投票用紙が取り残され気が付かれなかった場合。
大まかにはこんな具合なのですが、さてどの様な魔法を使って総投票数より少なくなった開票総数の帳尻を合わせるのでしょうか?
その答えも簡単です。
公職選挙法の中には、「持ち帰り票」処理と言う選挙管理委員会事務局にとって非常に都合の良い規定があるのです。
つまり、足りなくなった分を「持ち帰り票」として開票総数に加えてやれば全てご名算となるのです。
その「持ち帰り票」として処理された票数が実は半端な数ではないのですよ。
ですから、政令市などの市会議員選挙で100票前後の差で当落ラインにいる候補者に取ってはとんでもない事になるのです。
世界に冠たる、完全なる公正がモットーの僕らの国の選挙。
以外にいい加減なものなのですよ・・・。


機会があれば、100年以上も実態が変わっていない僕らの国の選挙事務に関わる関連企業と行政の実態を暴いて見たいと思っています。


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ





お姉さんといっしょ

当選所沢市議ミクシィで“選挙運動”…公選法抵触も
22日に投票が行われた統一地方選の候補者が、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、ミクシィ(mixi)を利用して選挙運動をしていたことが24日、分かった。「足あと」と呼ばれるアクセス履歴を悪用する手口は公職選挙法に抵触する恐れがあるうえ、迷惑業者の常套(じょうとう)手段ともなっている。とんだ“選挙活動”に、ご本人は「ノーコメント」とバツが悪そうだ。

 ミクシィ内で自身の売り込みをしたのは埼玉県所沢市議選に出馬した水村篤弘市議(33)=民主。水村市議はミクシィに本名で登録。選挙期間中、所沢関連コミュニティに登録している不特定多数のユーザーのページを閲覧し、「足あと」と呼ばれるアクセス履歴を付けた。
 足あとの「水村篤弘」という履歴をクリックすると、水村市議のページにジャンプする。本名で登録するユーザーも少ないことから、「この足あとはだれだろう」と思った多数のユーザーが、水村市議のページを閲覧したとみられる。
 この行動にミクシィ内の「所沢市」コミュニティには、「うちにもきた」といった書き込みが100件以上も相次いだ。このため、コミュニティ管理人は所沢署に連絡したという。実際の選挙で水村市議は2815票を得て当選した。

 当の水村市議を直撃すると、ミクシィに開設したページが自分のものと認めた上で、「ちょっとあの…、事務所の方に確認してみないとお答えのしようがない」。さらに問い詰めると、「その件に関してはコメントを差し控えたい」と繰り返した。
 この行動に所沢市選管は「ミクシィのページ自体は、投票行動を呼びかける文言はないのでただちに違反とはならない。『足あと』は積み重なり具合、頻度による。最終的には捜査当局の判断になる」と話す。
 ユーザーが800万人を超えたミクシィでは、無数の候補者が自身のアピールを登録している。だが、ホームページ(HP)による選挙運動は公職選挙法の「法定外の文書図画の頒布(はんぷ)」にあたり、禁止となっている。
 「選挙とは関係ない通常の政治活動の内容であれば規制の対象とはならない」(総務省選挙課)としており、ブログやHPの開設は内容によって可能。しかし、公選法に抵触するのを恐れ、候補者は通常、選挙期間中の更新をストップする。

 ミクシィを検索すると、ほかにも同様の「足あと」戦法を期間中に行った候補者が東京23区内を中心に、複数いた模様。一方、「足あと」はツールを使って不特定多数のユーザーに付ける迷惑行為が横行しており、エロサイトや怪しい儲け話にリンクするケースが圧倒的となっている。

《参考記事》
当選所沢市議ミクシィで“選挙運動”…公選法抵触も
《関連記事》
統一地方選挙を考える。
ともかく早い!選挙速報。統一地方選挙!やはり…

夕張市長選、藤倉氏が羽柴秀吉氏らに競り勝つ
「これでは父は浮かばれません」落選の横尾氏妻


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ





お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/04/24(火) 17:39:39|
  2. 地域社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<『携帯電話』 | ホーム | 小倉智昭>>

コメント

ブログに動画を張って、お金をゲット!アフィリエイトよりも稼げるよ。
簡単申込はこちらhttp://www.ganzis.jp/japanese/bl/pe_apply.php
  1. 2007/04/24(火) 17:50:14 |
  2. URL |
  3. vds #-
  4. [ 編集]

美術館を探すなら

美術館の検索サイト。上野、国立新美術館、上野の森美術館、東京、サントリー美術館など美術館に関する各種情報をお届けしています。 http://kyouto.atmormortgage.com/
  1. 2008/08/24(日) 08:47:22 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/10/02(木) 02:48:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/10/02(木) 14:32:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otonatimes.blog85.fc2.com/tb.php/85-bc5c4dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR2



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。