FC2ブログ

おとなタイムス

政治経済・国際情勢から芸能・下ネタ関連の情報を一挙掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『警告!!犬に取って代わられるぞっ!』





パートナーが与えてくれる色々な喜びのほとんどは、犬が与えてくれるなんて、僕らより犬の方があらゆる意味で勝ってるってことでしょうかねぇ。
リアルな人間と接することができず、アニメやラブドールに心と体のよりどころを求め、恋愛感情や性機能が歪んでしまっているご同輩が増えているらしい。
怖い話だけれども、健全な独身女性達は、ねじ曲がった恋愛感情しか持てず且つ性機能が歪んだご同輩達より、従順で体力旺盛な他の生き物達にそれを求めざる得ない未来は近いかも。
今は小型犬のチワワが流行りの様だが物理的にあらゆる面でサイズに問題あり。
きっとそのうちにサイズ的に人間のそれと同等な犬種が流行るとみた。
健気な僕らは、彼女達に気持ちよくなって貰おうとして一心不乱に腰を振り続けているのに「うちのレトリバーの〇〇君のストロークが最高!!」
「貴男達じゃ役不足よっ。あっち行ってなさい!ハウス!!!」
なんて事になったら大変だ。
ご同輩達よ!時には、アニメやラブドールも良いのだけれど、色々メンドーくさい事も多くてもやっぱり生身の彼女たちが一番だ。
彼女達!! 僕ら、本当は犬以上に従順で根性と体力と犬には出来ないテクニックを持っているんだ。
まだまだ僕らは犬達なんかには負けない。
いつだって、何処でだって臨戦態勢だ!!
だって犬達とは違って、僕らは一年通して"発情期"なんだもの。





お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!





【独女通信】「負け犬」と「飼い犬」のアブない関係


「思い切って私もチワワ飼っちゃおーかな」と、友達のサヤコに言ったら「とうとう覚悟決めたんだね」と言われた。何の覚悟?と聞き返したら、「負け犬の道まっしぐらってことよ」との答えが返ってきた。

なんでもひとり暮らしの女が犬を飼い始めると、結婚が遠のくのだそうだ。仕事に疲れ、男に疲れ、愛情の対象が自分を決して裏切らない犬に向く。ひと通りのことを経験した女が、魂の癒し処として最後にたどりつくのが、ペットとの暮らし……らしい。

犬や猫を飼えば、暮らしはさまざまな制約に縛られる。デートの最中もペットのことが気になり、旅絡みの仕事は自然に足が遠のく。またペットとの生活が中心になるため、早寝早起きが当たり前となり、合コン、深夜帰宅、お持ち帰り……なんてチャンスは激減する。

「なるほどね、犬を飼うのは“負け犬ライフ“のダメ押しかあ」「そう、結婚に少しでも希望を持ってるなら、犬を飼わないほうが得策ってことよ」とサヤコ。

サヤコは私よりひとつ年上の36才。年収1500万円を超える、売れっ子ファッションスタイリストである。結婚経験なし、もちろん子供もいない。無類の犬好きで、可愛いチワワを何匹も飼っており、それだけに彼女の「ダメ押し」発言には、説得力がある。

サヤコは職業柄、自分の魅力を引き出すファッションに長け、街を歩けば振り返る男も数多い。忙しい仕事の割には、身のこなしも優雅、年齢不詳のかなりのイイ女なのに、それでも生活や男に疲れているというの?なぜ「負け犬道」を選んだわけ?

「男にモテないから、負け犬になるわけじゃありません」と語るのは、竹下美穂(仮名)さん、32才。某商社の総合職。なるほど、自分でいうだけあって容姿もなかなかだ。「生活や男に疲れるのは、頭が良すぎるからだと私は思います」ちょっと待ってよ、なんですか、それは?

「読めちゃうんですよ、先が。この人とつき合ってると、次はどうなるのか、先に何が待ってるのか」なるほど、なるほど、安定はしてるけど、サプライズはないってことね。「最近、そういう男性が多すぎるんです。ワクワクドキドキさせてくれない。こぢんまりとまとまっていて、悪くはないけど、わざわざ手を伸ばして掴むほどでもない。だったら、もっと待っていれば、もっと何かあるんじゃないかって……」

気づいたら、あっという間に30才を過ぎたそうだ。「でもまだ自分で“負け犬 “なんて言ってるうちは、余裕ですよね」と、美穂さんは笑う。じゃあ、余裕のある負け犬は、いつになったらその余裕を失うんだろう。38才?39才?それとも眉毛に白髪を見つけた日?

「余裕があろうがなかろうが、意地でもそんなそぶりを見せないわ」と、言うのは34才のモデル、高畑ケイ(仮名)さん。対外的には27才で通している。非婚主義、そしてケイさんも2年前から犬を飼い始めた。「犬が魂の癒しというのは、間違いないわね。恋人が与えてくれる喜びのほとんどは、犬が与えてくれるから。」

ケイさんは、リッチで12才年上、5年越しの恋人がいる。「彼は昔気質のわがまま男なんです。しかも不倫。でも私に結婚願望はないし、ずっとこのままの形が続けばいいと思ってる」魂を癒してくれるペットの存在があるから、彼に多くを求めないでいられるのだろうか。結婚願望がないなんて、それ本音?ケイさんは、眉毛に白髪が見つかっても、同じ台詞を言うのだろうか?

今どきの女性は「愛されたい」より「愛したい」気持ちが勝っているのかもしれない。溢れるほどの、愛したい気持ちがあるのに、それを受け止めるだけの価値ある男が少ないのかもしれない。負け犬女性急増の裏には、男性の弱体化が原因にあり、独身女性のペット率は、今後ますます増えていく、と決めつけるのは無謀だろうか。(柴崎アキコ)


Livedoor news


テーマ:どうでもよくない雑記 - ジャンル:その他

  1. 2006/12/25(月) 12:24:04|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『いつでも僕らはお側おります・・。』 | ホーム | 『クリステル!こわれちゃウーーン』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otonatimes.blog85.fc2.com/tb.php/16-40c7aeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR2



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。