FC2ブログ

おとなタイムス

政治経済・国際情勢から芸能・下ネタ関連の情報を一挙掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『残業代ゼロ法案』




「これで早く家に帰られるぞ」
「英会話教室に通おうかしらん。」
「居酒屋のワンコイン・タイムに初めて間に合うな」
「俺なんかスポーツクラブ行って、腹へこますんだ。」
「えっ!!そんなぁ。何処で時間つぶすのさぁ」


お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!






お姉さんといっしょ


『残業代ゼロ法案』

ホワイトカラー・エグゼンプション」制度。
通称『残業代ゼロ法案』
残業をしなくて良くなるそうですよ。
もちろん残業しないから残業代は入ってきませーん。
さらに付け加えるなら、居残りしても残業になりませーん。
ついでに、居残りして仕事してると社長が喜びまーす。
だってただで仕事してくれるんだもの・・・。
そもそも残業とは一体何なのでしょうか?
僕らの友人達に聞いて見ました。
「仕事量が多すぎて週40時間ではミッションを完了出来ないからどうしても残業になってしまうのさ。当たり前の事聞くなよ(怒)!!」
「基本給が安いから残業代かせぐのさ。」
「家のローン、残業代も計算の中に入っているもの・・。」
「残業ですか?大いに結構よ。家計の為に亭主元気で留守がいい・・。」
・・・ほう・・。会社勤めの必然の様です。

エグゼンプションやエグゼンプトとは労働時間規制に対する適用除外規定のことを示すらしいです。(何故英語を使うのだろう?訳すと益々難しくなるのに・・。)
要するに、「おまえら(働く僕ら)がちゃんと仕事しないから効率が上がらないのだ。」
「そんな怠け者に規定時間外の賃金を払う必要はない。」
「そんなおまえら(働く僕ら)にしょうがなく給料払ってやってんだから、嫌なら会社止めちまえ!!この穀潰っ、寄生虫がっ!!!」
・・と言う事らしい。
・・社長達、僕らはさ、あんたら思っている以上苦労して仕事してるんだぜ。
だってちゃんと業績上がって、利益も出てるじゃないか。
ん億円の家やベンツ買ったり、お妾さん囲ったり、様々なお宝集めもいいけど、あんたんとこの真面目な社員達(働く僕ら)はあんたに取って本当のお宝なんだぜ。
・・総理。誰に入れ知恵されたかしらないけど、僕らはまじめに税金払ってますのでこれ以上真面目に働く僕らをいじめないで下さい。
止めよーよ「ホワイトカラー・エグゼンプション」制度。





お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!




時のことば『残業代ゼロ法案』
裁量労働なんて果たして可能なのだろうか
【ライブドア・ニュース 2007年01月12日】- 何か長ったらしい横文字の用語を聞いた時には、「また、こけおどしか」と思ったものだが、「サラリーマンの残業代がゼロになる」として話題になっているのが「ホワイトカラー・エグゼンプション」制度。「裁量労働制」と呼ばれるものだ。

 こうした導入論議がいつもそうであるように、これはアメリかで実施されているものであり、米国公正労働基準法でいう、一定の条件を満たす社員に対しては労働時間規制を適用除外(エグゼンプト)する規定を指す。米国と同様に日本も労働時間は週40時間と決められているので、それを超えて働かせる場合には割り増しの残業代を支払わなければならない(労働基準法)。しかし、その制度の根幹が揺らいでいる提案ということになる。

 もともとは日本経団連が、05年春に提唱。政府も、06年6月に厚生労働省が素案を示し、労働政策審議会分科会(厚労相の諮問機関)は同年12月27日(昨年末)、制度導入を求める報告書をまとめた。

 そこでいう対象者の条件を示しておくと、▽重要な権限と責任を持つ▽年収がある程度高い▽使用者から具体的な指示を受けない――といったもの。要するに同じ事務職であっても、ある程度の地位にあり、自分の裁量で働ける人については「時間の自己管理をして、余分な残業はしないように」と求める趣旨なのだろう。

 これに対しては、もちろん賛否両論がある。かなりかまびすしい論議になっているが、労組はもちろんのこと、自民党の一部および公明党、労働法学者も反対声明を出したりしているのが現状だ。おおむね、反対論が多い印象があるが、厚労省は今通常国会に提出の意向(年収は900万円超を想定)のようである(12日現在では、政府・与党で調整中)。

 もちろん、制度導入=いきなり残業代ゼロというのは短絡した議論だろうし、現在も労使協定によって裁量労働制と呼べる賃金制度を採っている職場はある(出版社、テレビ局など、主に編集職場)。打ち切り制の残業代を出している職場だ。

 こうした実態をもって、日本のホワイトカラー職場は生産性が低い、実質的に現在の残業制度は機能していないのだから、こうした制度にも意義はある、とする意見がある。果たしてそうだろうか。私は個人的に、この制度は全く日本の職場の実態にそぐわない制度だと思う。そもそも、いくら中間管理職もどきといったところで、自分の勤務時間、勤務状況をキチンとコントロールできる人がどのくらいいるのだろうか。上司がいれば帰れない、というのが未だに日本の職場の実態ではないだろうか。

 それにしても思うのが、日本の経営者たちのここへ来ての“強気”である。パート雇用の増加、非正社員の圧倒的な伸長によって、日本の企業は息を吹き返している。それと対になっているのが、労組の組織率の低下である。

 昨年末の厚労省推計によれば、日本の労組組織率は18・2%まで低下した。私のような「クミアイにたのんでみよう!」の世代からすると、隔世の感のある時代である。もう、日本の雇用者はやりたい放題なのだ。CSRやガバナンスといった美名の陰に隠れてしまっている、前近代的な雇用実態といったものにもっと目を向ける必要があるのではないか。外食産業にしても、一部メーカーにしてもその勤務実態はヒドイものがある。「働くもののやる気」などという美辞麗句に騙(だま)されてはいけないのだと思う。

 経団連の会長である御手洗冨士夫氏の率いる会社は、その家族的雰囲気でも有名。たしか御手洗氏自身も「私は決して成果主義にはくみしない」と語っていた覚えがある。それが、どうなってしまったのだろうか。

 米国式の実質主義、成果主義が幅をきかせ始めてきた数年前、ある大手医療機器メーカーの社長が言っていた言葉が忘れられない。「私は成果主義を導入するつもりは全くない。社員を大切にしない会社は、やがて行き詰まると考えていますから」――日本的慣行は、決して非難されるべき点だけではないと思うが……。【了】

ライブドア・ニュース 満富俊吉郎
この記事に関するお問い合わせ
http://news.livedoor.com/article/detail/2975851/
http://news.livedoor.com/trackback/2975851

安倍「残業代ゼロ法」見送りの罠
 サラリーマンの残業代をゼロにする希代の悪法「ホワイトカラー・エグゼンプション」。安倍内閣は今年の通常国会での成立を目指していたが、早くも腰砕け。「もう少し議論を進めていく必要がある」と言い出した。

 丹羽総務会長が「経営者は従業員が報われるような雇用環境の整備に力を入れるべき」と発言したり、公明党からも「慎重であるべきだ」(太田代表)と言われたからだ。しかし、導入を諦めたわけではない。法大教授の五十嵐仁氏(政治学)はこう言う。

「明らかに7月の参院選対策です。サラリーマンが大反対しているこの制度を導入すれば惨敗は必至。国民受けしない『ホワイトカラー・エグゼンプション』と消費税アップは参院選後に持ち越そうという腹づもりなのです」

 こんな悪法が導入されたらサラリーマンは地獄だ。

「経団連トップの御手洗会長のキヤノンは偽造請負で人件費を浮かしていました。上場企業は空前の利益を上げていますが、労働者に分配するつもりはありません。安い給料で長時間、機械のように働かせることを合法化するつもりです」(五十嵐仁氏=前出)

 国民はポーズだけの断念にダマされてはいけない。

【2007年1月9日掲載】


Livedoor news
Livedoor news
Livedoor news
http://blog.livedoor.jp/store005/archives/50799387.html




お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!



  1. 2007/01/13(土) 12:00:00|
  2. 経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ペコちゃんは悪くない』 | ホーム | 『しずちゃん』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otonatimes.blog85.fc2.com/tb.php/30-95fd0a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR2



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。