FC2ブログ

おとなタイムス

政治経済・国際情勢から芸能・下ネタ関連の情報を一挙掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【スピリチュアル? 何だそれ?】




「生きていらっしゃいます。」
「どうやら汽車に乗った様です。」
「お尋ねの方は南の方角に・・そちらの方面をお探しになるが宜しいでしょう。」
「但し!代々より御家におわす霊魂がなにやら騒がしい!!」
「ここは一つ、先祖代々の霊魂の騒ぎを静めなければならない!!」
「ご祈祷を進ぜるが、如何か?」


これは、数年前、宮城県南部地域に住む知人の母親(痴呆症)が行方不明になり、八方手を尽くして捜索したが万策尽きて、最後に地域でも有名な所謂「霊能者」に頼った時の「霊能者」の「守護霊」によるお告げだったそうです。

お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!








【スピリチュアル? 何だそれ?】

知人はこの時、この漠然とした「霊能者」の「守護霊」によるお告げに縋り、宮城県南部地域より更に南、福島県の東北本線沿いの街を家族総出で捜索。
結局、この「霊能者」による除霊・鎮魂とお告げによる知人の必至の捜索努力はその甲斐なく、行方不明の母親は、知人の家の50Mと離れていない裏山の斜面にて遺体で発見と言う痛ましい結果になってしまいました。
何でも、今回この「霊能者」に相談し一連の除霊・鎮魂と「守護霊」によるお告げを賜るのに150,000円也の所謂ご祈祷料を支払ったとか。
行方不明者を探す為の「守護霊」によるお告げに対する謝礼はまぁ仕方ないにしても除霊・鎮魂、こっちの方は人の弱みにつけ込んだセット販売と言ったところだろう。
銀行でローンを組むと定期預金を積まされるアレと同じだね。
近頃TVで霊能者だの占い師だのが持て囃されている様です。
たかがインチキ占い師のくせに(尤も占いそのものを僕らは信用しない)TVの番組出演者に対して叱り憑けたり気に入らない相手だと「地獄に堕ちるわよ!!」などと恫喝までする。一方で「霊能者」だが、なんでも今生きとし生けるものには“前世"があるらしく「霊能者」の気に入った人物、金持ちや有名人や綺麗なおねェさん達なんかは決まって中世の貴族だったり哲学者(賢者)だったりするらしい。ドラクエの世界だ。
5000年の長い歴史の中から多くの賢者や賢女・美女を排出してきた中国から前世の話は出てこないのは何故だろう。
そして、僕らの様な平均的な貧乏人に於いては「魂のレベル」が低いそうで、前世は口にしてはいけない様な生物であるらしい。
数年前に青森県下北半島の恐山に赴いた折に、日本に於けるトラディッショナルスピリチュアリニスト?"潮来おばちゃん"にイジワルでマリリンモンローの降霊をお願いした事がありました。
数分間の祈祷と唸りの後、オバチャンにマリリンモンローが降りて来たらしく、しかししっかりとした津軽訛で「この罰当たりがぁ~!!・・・(以下意味不明の呟き)」と叱られ、数分後現世に戻ったおばちゃんにしっかり10,000円也を取られました。
更に先頃、街に「占いの館」なる占い師数組が屯する一角を発見、その一つの占い師の近くのベンチに座り、他の人が占いに訪れるのを待ちました。
数分後、なにやらこの世のあらゆる憂いを一人で背負った様な女性がこの占い師の前に座りました。
耳をダンボちゃんにして聞き入る僕ら。
占い師「今日はどの様な・・。」
客  「・・・・。」
占い師「貴女。今、何か悩んでいらっしゃいますね。」
客  「(驚きの表情で)どうして解ったんですかぁ!!」

「・・・。」僕ら。その場を離れます。
どっかの宗教じゃないけど「信じる者は救われる。」のかな。
でも、この手の商売、結構儲かるかもね。
「スピリチュアリズム」・・・「魂のレベル」が低いらしい僕らにはよく解んないけど、「魂のレベル」が高い(お金持ち)にはあの「いかがわしさ」が受けてるのかもね。
おぉぉぉっ!なにやら僕らの背後の守護霊が騒がしい。
これ以上この件に触れると地獄に堕とされるらしい。もう止めにしましょう。


・・・悪霊退散!!!!

くわばら・くわばら・・・・。






お姉さんといっしょ



前世は「中世の賢者と貴族」ばかり 江原啓之の「摩訶不思議」
「エハラー」と呼ばれる追っかけもいるほどの人気だ スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんは、霊と交信しカウンセリングするのだという。テレビ番組やカウンセリングに引っ張りだこで、「エハラー」と呼ばれる追っかけもいるほどの人気だが、不思議なことも多い。その一つが人の前世や守護霊。なぜか「中世の賢者、もしくは貴族」が多いこと。ひょっとして、「そう言ってもらった方が霊視される人は嬉しいから」なんてことはないのでしょうね。

アジアやアフリカは滅多に出ない
スピリチュアリズムは日本語では心霊主義と呼ばれる。自身のホームページには『「非科学的』だとして、スピリチュアルな世界を信じようとはしなかった人々も、変わらざるをえないような状況になりつつあります」と書いている。著書は合計で700万部以上も売れている。
しかし、その能力を疑問視する報道も出ている。

「週刊文春」の07年2月1日号には「テレビの中の『わるいやつら』」という特集で江原さんが4ページにも渡って紹介されている。そこには「7つの疑問」が掲載されていて、その一つが「前世や守護霊はどうして中世の賢者や貴族ばかりなのか」という疑問だ。
テレビ朝日系で放送されている「オーラの泉」に出演する芸能人への霊視では公家、武士、巫女、貴族、修道士、思想家などの「職種」が多出している。地理的には日本、英、仏、伊に偏りアジアやアフリカは滅多に出ない。それが一覧表にされている。

地球上には民族も、職種もたくさんあるのに、なぜなのか、まともに考えれば「摩訶不思議」というしかない。

ただ、お笑いタレントの「劇団ひとり」の守護霊は西洋の文学者と「別の星の人」。つまり宇宙人だというのだ。

「『中世の賢者や貴族』って言ってもらった方が嬉しいから」
また、「賢者や貴族」ではない場合もあって、「中村橋之助は歌舞伎役者、千代大海は力士、細川たかしは民謡歌手と、まるで取って付けたような見事なハマりっぷりだ」と同誌では皮肉っている。

ネット上のQ&Aサイト「教えて!goo」や「知恵袋」では、

「霊視される側は『中世の賢者や貴族』って言ってもらった方が嬉しいから」
「そういうご立派な、前世や、守護霊を持つから、今功なり、名を遂げているのでは、ないですか?」
「その辺の時代が好きだから」
「それは彼のボキャブラリの限界なんじゃないですか?ようするに、その守護霊とやらが『名札』を付けている訳じゃないだろうということです」
といった「解説」がされている。

大手新聞OBの科学ジャーナリストはこう話す。

「小池栄子の前世は武家の側室、研ナオコはエジプトの巫女って…顔を見て適当に連想して言ってるとしか思えません。私は、もともと霊とか前世とかは信じないタイプで、こんな事を信じる人がなぜいるのか信じられない」
一方で、江原さんの大ファンという東京在住の30代サラリーマンの男性は、

「人間が生まれ変わるのにかかる年数はおよそ500年です。だから前世や守護霊が中世に偏ってしまうのだと思います」
という。だとしても、一定の地域が多いのはなぜなのか。
要は、「信じるものは救われん」ということだ。



Livedoor news

江原啓之が細木数子に噛みついた
細川茂樹 細木に言われた「10年以内に死ぬ」
「オーラの泉」






お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!



テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2007/02/01(木) 16:00:00|
  2. TV番組
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【勘違いしてないかぁ?政治家諸君】柳沢発言編 | ホーム | 【おじさんって呼ぶなっ!!】>>

コメント

電子書籍

電子書籍を探すなら http://www.jpnet.info/402853/411482/
  1. 2008/09/30(火) 01:38:37 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otonatimes.blog85.fc2.com/tb.php/45-db216738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR2



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。