FC2ブログ

おとなタイムス

政治経済・国際情勢から芸能・下ネタ関連の情報を一挙掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【クリーンエネルギーとは何ぞや?】 住宅編






そろそろ「家」でも持とうと一念発起、住宅展示場に通ったり住宅関連の書物を読み漁り、ちょっとした住宅マニアになってしまった僕ら。
是は、ある展示場の電力会社と提携している住宅デベロッパーの理想的住まいの哲学をセールスマンとエンジニアの説明を受けた時の話である。
電力会社と住宅デベロッパーの環境に対する意識に愕然とした僕らが居ました。


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ










ここ数年、オール電化住宅がエコブームも相まって、分譲マンションも含めた住宅販売市場のトレンドになっている。
キッチンの全火力、全室の冷暖房、水回りの給湯そして床暖房まで全部電気を使用する。電力会社と住宅デベロッパーの説明によると、オール電化住宅は戸建て住宅に於いてツーバイフォー(以後2×4と記)工法が最適工法との事でした。
住宅デベロッパーのセールスマンよりも電力会社のエンジニアが熱弁をふるう。
何故なら、2×4住宅の持つ気密性と計画換気がもたらすエネルギーロスの少なさが電化住宅に適しているとの事。
もちろん、電気しか利用しないのだから火災等に対する安全性も高い。
おまけに深夜電力を利用した給湯システムの導入により光熱費の削減も出来る。
そして電化により電気以外の代替エネルギー(ガス・灯油等)の必要性が無いためCO2の発生を一般の生活環境から抑制出来るときたもんだ。
そこで僕らの感じた幾つかの疑問点を彼等にぶつけてみた。

1.化石燃料を利用した従来の光熱費用と全電化した場合のそれとの比較。
2.全電化に化石燃料の併用した場合の効率性。
3.2×4工法以外での建築による性能差。
以下がその回答でした。

1.について、現段階では既存の化石燃料に依存した光熱費用の方が若干安い。

2.について、全電化設計された住宅に化石燃料を利用した暖房器具を使用した場合、住宅の性能そのものに悪影響を与える。

3.マンションは別にして、他の工法では全電化のパフォーマンスは得られない。


1.の回答には具体的な数字による説明だつたので納得。

3.の回答には僕らの住宅建築の知識が足りないのでペンディング。
ただ、2.について更に詳しく質問してみた。

Q.化石燃料を利用した暖房器具を使用した場合に何故住宅性能に悪影響を与えるのか?

A.ガスレンジや灯油暖房機を利用すると気密性の高い2×4工法以外の場合でも結露等が発生し易い為、住宅の耐久性の面から推奨しないとの回答。


(この国もともと湿度が高くて結露し易い環境だけど、千年以上も前から建っている在来工法の建物があるんだけどなぁ)

ただ、問題はここからだった。
この回答から彼等の鼻息が荒くなる。

「お客さん。オール電化住宅はエコ住宅ですよ。エコロジーの意識を個人生活の観点から考え直さなければいけない時代になったんですよ!」

オール電化住宅の、どの部分がエコロジーなのか質して見た。

「まだ解りませんか?」とあきれ顔をする。

「オール電化住宅からはCO2やその他の有害物質が発生しないじゃないですか!」
「一個人のレベルから環境問題に取り組む事が出来るのがオール電化住宅なんです!!」


なるほど、話が旨い。
しかし此処で僕らは根本的な疑問を彼等にぶつけてみた。
確かに、オール電化住宅の生活の現場ではCO2やその他の有害物質の発生は減少させることが出来るが、果たしてオール電化住宅のエネルギーの供給現場つまり発電所では一体どうなのか?

「・・・お客さん・。それって屁理屈ですぜ」だって。

オール電化住宅に止まらず僕らが便利に生活する為に電気の更なる利用が不可欠で、その電気を供給・利用する為、現在僕らは図らずも化石燃料を主にした火力発電と、今尚その是非が問われている原子力発電に頼らざる得ないのが現状です。
火力発電に於いては当然、有害物質やCO2の発生は必然です。
更に、原子力発電に於いては当然核廃棄物の発生と処理・再利用は避けて通る事が出来ない大命題になっています。
原子力による発電と当然核廃棄物の発生と処理・再利用の是非が今論議されている中、オール電化住宅が環境に優しいなどと勘違いしている彼等。
僕らは屁理屈を言っているのではないのですよ。
電気エネルギーを発生させ、ネガ・ポジのプロセスを経て家庭に電気が供給される迄の実態をきちんと踏まえて環境問題を語って貰いたいものだ。
化石燃料の枯渇と今後の代替エネルギー確保の方法、そして環境問題のなかの原子力発電核廃棄物の発生と処理・再利用とその実態と是非を一市民の側から考える良い機会なので今後この問題を意識して行こうと思う僕らです。



【クリーンエネルギーとは何ぞや?】住宅編【了】



人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ




お姉さんといっしょ

プルサーマル、もう一度よく考えて
【PJ 2006年09月12日】- 九州電力玄海原発3号機で実施予定のプルサーマル計画。佐賀県は今年3月26日に、この計画の事前了解をした。同じ月に発足した市民団体「もっと知ろうプルサーマル・県民の会」は、9月3日に「プルサーマル・大事なことは住民投票で決めよう佐賀県民の会」を結成。9日に会見を行い、県民投票を求める「県民投票条例」の制定請求を始めると発表した。

 プルサーマル計画は、使用済み核燃料(核燃)を再処理・加工したものが燃料となる。核燃の施設は青森県の六ヶ所村が拠点となる。その六ヶ所村を舞台にした映画「六ヶ所村ラプソディー」の福岡特別上映会が、29日に同市内で開催される。先日、その試写会に参加した。

 核燃料の再処理工場を受け入れる多くの住民、反対を続ける少数の住民、仕事を求め六ヶ所村へ流入する事業者と労働者。核燃の施設や原子力発電所の立地場所には独特の社会構造がまん延することを、この映画は浮き彫りにしている。

 六ヶ所村では漁業が継続できなくなり、建設業やサービス業に多くが流れた。核燃再処理工場の建設に携わる地元の人々は、少ない準備期間と経験、知識での新しい仕事に立ち向かっている。六ヶ所村で生活を続けるためには、核燃料サイクルの仕事とともに生き、家族を養う、それ以外の選択肢は少ない。多くの地元住民の生活と労働と人間関係が、核燃料サイクルの巨大な権力と資本のもとに、功名に拘束されてしまうのだ。反対の姿勢を貫きながら村で花を育てる女性は「地場産業を育て、仕事の機会を増やすことが自分の使命」と語る。

 プルサーマルの事前了解は、地元玄海町の了解と県民の意向が反映された結果とされる。しかし、地元住民の意向とは何か、地元の人が計画に同意することの背景には何があるか、もういちどよく考えなければならない。地元といわれるのは、六ヶ所村で人口1万1765人、玄海町で6738人と小さな町村である。そしてその町村に共通するのは「反対することが暗黙のタブーとなる」その独特な社会構造である。そのような背景を無視して、批評することはできない。

 「六ヶ所村ラプソディー」のなかで農業を続ける女性は語る。「核燃の問題は賛成か反対かどちらかしかない。中立というのはない。よくわからないから何もしない、賛成はしないけれども黙認する、このような立場は結果的にはすべて賛成と受け止められても仕方がない。だから私はあえて反対と言う」。

 プルサーマル、使用済み核燃料の再処理。これらは私たちの社会に本当に不可欠なものなのか、未来の子どもたちのために他を犠牲にして進めなければならないものなのか。もういちどよく考え、確認し合う機会がほしい。【了】

パブリック・ジャーナリスト 高橋 泉【佐賀県】

プルサーマル、もう一度よく考えて
プルサーマル住民投票の審議はじまる=佐賀
玄海原発プルサーマル計画:「知事はなぜ対話拒否」 県民投票の会が意見陳述 /佐賀
子どもたちが引きつぐ核燃料=佐賀・プルサーマル

人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ




お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!



  1. 2007/02/07(水) 16:00:00|
  2. news
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【コギャル】 | ホーム | 『この!!くそガキが!!!』其の弐>>

コメント

インテリアファブリック(クッション・テーブルクロス・布装飾)

インテリアファブリック(クッション・テーブルクロス・布装飾)を探すなら http://www.gvshops.com/100804/200119/
  1. 2008/09/23(火) 19:50:51 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otonatimes.blog85.fc2.com/tb.php/51-ebfe6f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR2



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。