FC2ブログ

おとなタイムス

政治経済・国際情勢から芸能・下ネタ関連の情報を一挙掲載!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『テレビ局』





夕方の駅前広場。
夕方の生放送の為の準備をしていると思しき一団。
恐らくどこぞのTV局のクルー達、いわゆるTV局のギョーカイ人達だ。
その側をなにげに通過しようとした時、ディレクターと思しき女性に叱られました。

「オンエァのカメリハ中なの!!ここ通られるとフレームに入ってしまうから!!」

「・・・・・?」

何を言っているのか?そもそも僕らギョーカイ用語を知りません。
公共の往来なのに何故に一般人がギョーカイの人達に叱られなければいけないのでしょうか?
・・・こんな経験ありません??


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ





『テレビ局』

ある時僕らが街を徘徊していた時、半ば強制的に歩みを制止させられ、間髪抜かさずにTVカメラとマイクを向けられ同意する間もなくインタビューが始まる。
インタビューの内容は意外にくだらないものが多い。
何故ならインタビューされる僕らの側がTV局側の取材趣旨を理解していないからだ。
取材する側には脚本があって、その脚本が求める「一般人」の模範的回答を得るための質問をしてくるのだから始末に悪い。
放送時に映像もオンエァされるのは困るので取材を拒否すると「チッ!!!」っと舌打ちをして立ち去っていく。
公共の往来で夕方のワイドショーの準備をするTV局のギョーカイ人達。
さも自分たちは特別だと言わんばかりの我が物顔で広場を占拠し、警察の規制線の如く一般人の進入を阻止するTV局のギョーカイ人達。
そして冒頭のTV局のギョーカイ人達と一般人である僕らとの感情の交錯だ。
歩道にはTV局のギョーカイ人達がとりちらかした照明器具やカメラや音響機器のコードが縦横無尽に這っている。
往来を横切る一般人ご婦人がそのコードにつまずき転倒、コードが突っ張る。
何かのコネクタが外れる。
消えた照明、倒れる三脚、鈍い音でタイルに叩き付けられるTVカメラ。
ここで再びギョーカイ人の女性ディレクターの登場。
着ているものはブランド品なのだが申し訳ないが場違いな気がする。そして髪はバサバサでフケだらけだ。きっと不摂生こそギョーカイ人の証と自負しているのか?
そして何故か決まってルイビトンのダミエのトートタイプのバックが傍らに置いてある。コレはTV局のギョーカイ人のトレンドなのか?
それはさておき、このギョーカイ人の女性ディレクター、転倒したご婦人の容態を気遣い走り寄るかと思いきや、なんとこのご婦人に向かい怒鳴りつけるではないか。
ちがった意味での緊張と怒気がこの広場に立ち籠めていく。
オンエァ寸前なのだろう、この状況に焦るTV局のギョーカイ人達。必至の現場修復だ。
怪我をした一般人のご婦人など構ってはいられないのだろう。
転倒から起きあがれない一般人のご婦人を見捨てておける筈がない僕らが介抱する。
TV局のギョーカイ人の女性ディレクターに声をかけるも、「今はそれどころじゃない!!」との返答。
この一言でこの広場の空気は一気に炎上。
傍観していた他の一般人も参加してこの放送への抗議行動が始まる。
飛び交う罵声と撮影への妨害。
それを制止するギョーカイ人のスタッフの人達。もみ合いへし合いと押し問答。
収拾不能の状態に責任者としての女性ディレクターの謝罪も、もう時既に遅し。
救急車とパトカーの登場で生中継不能。
事態は事故そして事件に発展。
しかし何故かこの事件、放送されません。
大なり小なりTV局のギョーカイ人達、こんなこと引き起こしています。
TVならば何をしても許されると思い込んでいるTV局のギョーカイ人達。
何かが起こっても責任を取る必要はないと思い込んでいるTV局のギョーカイ人達。
TV局のギョーカイ人達、TVと言うメディアがなにか特別な物である様な錯覚に陥ってはいないでしょうか?
取材報道の大義名分に全ての正義があるが如くの精神と体質はTV局のギョーカイ人達の見識不足です。
このギョーカイの腐りきった体質、早急に改めるべきだと僕らは思います。


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ





お姉さんといっしょ

TBS「新SASUKE」収録で新たに4人重軽傷を届けず
04/06 12:08 この記事についてのブログ(62)

 3月上旬に収録されたTBS系の人気番組「新SASUKE2007」で、タレントの男性(33)が脱臼する事故を起こしながら、TBSが警察に通報していなかった問題で、同局は6日、同日の収録で他にも4人が複雑骨折などの重軽傷を負っていたことを明らかにした。いずれも警察に通報していなかった。
 同局によると、事故は、「ロープグライダー」と呼ばれる競技に集中。脱臼したタレント以外にも一般の男性が右足のすねを複雑骨折し、全治6カ月の重傷を負った他、ねんざ2件、脱臼1件、計5件の事故が起こったが、警察に届けていなかった。
 今月2日にタレントの事故について同局で調査していたところ、他の事故が明らかになった。3日に警察に届けたという。
 TBSでは「安全管理体制に問題はなかったが、事故の原因や報告体制の見直し、競技の安全性について調べている」としている。



TBS、また事故隠し タレント脱臼も警察届けず
04/02 07:41 この記事についてのブログ(61)

 ■運動能力を競う番組「新SASUKE」

 体力自慢の男性らが運動能力を競うTBS系の人気番組「新SASUKE2007」の収録で3月上旬、人気お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」のメンバー、小杉竜一さん(33)が左肩を脱臼する事故がありながら、TBSが事故を公表せず、警察当局にも通報していなかったことが1日、分かった。TBSは昨年も同内容の番組収録中、感電事故を起こしながら警察へ通報していなかったことが明らかになっており、安全管理と情報開示の不備が改めて問われそうだ。

 関係者によると、事故は3月3日、横浜市青葉区のスタジオで発生。ワイヤにつるされた滑車付きのロープにしがみつき、水中の浮島に飛び移る競技中、小杉さんは着地に失敗して左肩を強打し脱臼した。
 事故発生後の3日午後2時すぎ、TBS側から「けが人がいる」との通報があり、スタジオを管内とする青葉消防署が小杉さんを病院に救急搬送したという。
 番組収録は小杉さんの脱臼事故発生後、一時中断したが、その後再開。再開にあたっては、ほかの番組参加者らへの説明などはなかったという。再開後の収録は深夜にまで及んだ。

 TBS系の同内容の番組をめぐっては平成18年8月、女性が体力を競う「KUNOICHI」の収録中、感電事故が起きていたことが判明している。この際にも警察当局などに通報していなかった。感電事故を起こした番組と今回の脱臼事故を起こした番組は、同じ番組制作会社が制作を担当していた。
 また、今年1月に情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」で、不二家の不祥事として放送された内容が一部不正確だとして、不二家が社外に設置した信頼回復対策会議が「TBSの対応によっては損害賠償請求などを検討すべきだ」と提言。訴訟に発展する可能性もある事態となっている。
 小杉さんは平成10年、吉田敬さん(33)とブラックマヨネーズを結成。17年には若手漫才師が芸を競う「M-1グランプリ」で優勝するなど、本格派お笑いコンビとして人気を得ている。
               ◇
 ■けが、起こりうる範囲…

 TBS広報部の話「吉本興業と小杉さんにはすでに謝罪しており解決済み。けがは通常起こりうる範疇(はんちゅう)のもの」

《参考記事》
TBS「新SASUKE」収録で新たに4人重軽傷を届けず
《参考記事》
運動能力を競う番組「新SASUKE」
《関連記事》
TBSは放送免許停止されろ
TBSサンジャポでやらせ・・・なのか??


人気ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いします。
↓↓こちらをクリック↓↓
人気blogランキングへ





お姉さんといっしょ
アダルトを希望する男女専用の出会いサービス!恋愛、結婚なんて関係ない!今すぐワリキリのみの男女だけが登録!また、当サイト独自の「新着メンバー掲示板」により、即アポ率が急上昇!即アポ成立時間が最短2分! (記録更新中!)待ち時間で萎えることもありません!過激メッセージは会員様の『ヤル気』の象徴!今までのサイトにはないメッセージ交換速度を実感してください!



  1. 2007/04/09(月) 16:00:00|
  2. 事件
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『自動販売機』 | ホーム | 『飯島愛』2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://otonatimes.blog85.fc2.com/tb.php/81-2019d460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PR



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PR2



ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。